TOP書籍 『ペルソナ戦略』

書籍

『ペルソナ戦略』

「ペルソナ戦略」発売です。
2007年03月16日

我々が監訳した『ペルソナ戦略 マーケティング、製品開発、
デザインを顧客志向にする』(ダイヤモンド社)が発売されました。

パチパチパチ。

この本の中身についてご紹介する機会があまり無かったので、
遅ればせながら、本日紹介させて頂きます。

この書籍は、アメリカでペルソナについて書かれた書籍
「THE PERSONALIFECYCLE –Keeping People in Mind Throughout Product Design」
(2006年 Morgan Kaufmann Publishers) を部分訳し、
日本ではじめてのペルソナに関する体系的な方法論を紹介するテキストにしたものです。
私たち、personadesign.netは、その中で、監訳のお手伝い及び、国内事例のご紹介
をさせて頂いております。

<主な目次>
プロローグ  ペルソナ戦略の意義(ペルソナ手法の説明と有効性、ユーザー理解について)
フェーズ1  新製品開発のジレンマ(ペルソナの準備と計画についてや、調査と分析の方法)
フェーズ2  顧客の「骨格」を理解する(ペルソナの作成方法)
フェーズ3  顧客「像」を現場に取り込む(ペルソナを社内や関係者に紹介、浸透させるための方法)
フェーズ4  開発プロセスでの適確な意思決定(ペルソナを実際に製品開発などに使う方法)
フェーズ5  顧客志向への追及は続く(ペルソナ利用のROI検証及び、ペルソナの再利用法)
ペルソナ戦略応用事例(国内事例:大和ハウス工業株式会社・日立アプライアンス株式会社)

原書は700ページを超える大書ですので、今回は、部分訳での出版になりましが、
ペルソナをたくさんの人に知って頂き、使ってもらえることを祈って、できるだけ工夫
して監訳を致しました。

とにもかくにも、この日を迎えられて(ちょっと大げさですが)、嬉しい!です。

これからもpersonadesign.netを宜しくお願い致します。


サイトインフォメーション

このサイトをご覧になるには
	Adobe Flash Playerが必要です。